赤ちゃんミルクの作り方や、その他ミルクに関するお役立ち情報をお届け

赤ちゃんのミルク 作り方メソッド

その他ミルク関連情報

使い捨て哺乳瓶「ステリボトル」を使った感想!口コミで人気な理由は!?

投稿日:2016年4月5日 更新日:

先日「外出時、赤ちゃんにミルクを与えたい時の持ち物セット!湯冷ましは必要ない?」の記事で、外出先で赤ちゃんにミルクを与える際の持ち物について書きましたが、今回はお泊りや旅行時に持って行くと便利な使い捨ての哺乳瓶についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

使い捨て哺乳瓶無しでお泊りや旅行に行くのは相当大変

数時間のお出かけであれば、前述した記事の内容に書いている持ち物セットを持って行けば事足りると思いますが、お泊りや旅行となると話が違ってきます。
その際、特に悩みの種となるのが哺乳瓶の消毒道具と洗浄道具です。いざ、これら一式を持って行くとなると結構な大荷物になってしまいます。

また、持っていく哺乳瓶が少ないとすぐ足りなくなってしまい哺乳瓶を使用後すぐに洗浄・消毒しなければならない…なんて事になってしまうので哺乳瓶も多めに持って行かないと。。と考えるとますます荷物が増えていくばかりorz
そもそも、電子レンジ消毒や煮沸消毒を旅行先の部屋でするのは難しいので、消毒方法も薬液消毒に限定されてしまいます>

…と、悩みは尽きないのですが、使い捨ての哺乳瓶があればこれらの悩みが一発で解決します。使い捨て哺乳瓶は洗ったり消毒する手間が省けすぐに赤ちゃんにミルクを作ってあげられますし、なにより消毒道具などの余計な荷物を増やさなくて済みます♪

スポンサーリンク

わたしが使い捨て哺乳瓶を使った経緯

実は、上に書いた内容は全て私の実体験です^^;
2泊3日で赤ちゃんと旦那さんとお泊りに行った際に、いつもの持ち物セットに加えて、除菌じょ~ず・錠剤のミルトン・哺乳瓶の洗浄道具一式を持っていったのですが、まず大荷物すぎてキャリーバッグの大部分のスペースをもってかれました。あ、ちなみに哺乳瓶は3本持って行きました(汗)

そもそもお部屋に電子レンジはついていないだろう…と思い、除菌じょ~ずのケースを利用しミルトンで薬液消毒しようと思っていたのですが…大失敗でした
実際に旅行先で消毒をしようと除菌じょ~ずに水を入れた際、水抜き用の穴から水がだだ漏れしてしまったのです!栓をしても、どうしても隙間が開いてしまうようでした。
仕方ないので、部屋に置いてあった電気ケトルでお湯を沸騰させ、そのお湯で哺乳瓶やその他付属品を熱湯消毒しました。

でも電気ケトルで一度に多くの水は沸かせなかったので、何回もお湯を沸騰させて哺乳瓶を消毒し…正直大変でした。しかも旅行先の部屋の狭いユニットバスの水道水を使い哺乳瓶を洗って…(´;ω;`)2日目の朝にはもう疲れ果てて心が折れそうでしたw(大袈裟のようだけど本当の話。笑)

しかし助け舟が!!わたしの疲れ果てた様子を見かねた旦那さんが「使い捨て哺乳瓶買いに行こうか?」と言ってくれて!その後、一緒に最寄りのトイザらスまで使い捨て哺乳瓶を買いに行くことになりました。

スポンサーリンク

口コミで高評価の使い捨て哺乳瓶「ステリボトル」を使ってみた感想

トイザらスで購入したのは、口コミで高評価の「ステリボトル」という使い捨て哺乳瓶です。
ステリボトルは洗浄・消毒が不要なのはもちろんのこと、乳首フードやキャップ、哺乳瓶本体を取り出す際に容器に指が触れず清潔さを保てるところが良いな!と思いました。ちなみに乳首フードは一度セットしたら外すことはできません。(これも清潔さを保つための工夫のようです。)

そして、早速ステリボトルを使って赤ちゃんにミルクをあげてみました。始めは少しだけミルクが口からこぼれてしまいましたが、コツを掴めばこぼさずにうまいことできるようになります。念のため、初めて使う時には顎の下にガーゼかタオルを挟んでおくと安心です。

あと、容器には最大240mlのミルクが入りますが、200ml以上だと容器のふちギリギリなので粉ミルクをお湯で溶かして乳首フードをセットする際、注意しないとこぼしてしまうかも(´ε`;)

ミルク自体は赤ちゃんは全部飲み干してくれました!飲み終わった容器はそのままゴミとして処理できるので楽ち〜ん。
ミルクの消毒と洗浄がないと本当楽です。旅行中くらい楽しても許されますよね?(;゚∀゚)=3
今度から、お泊りや旅行の際には事前に使い捨て哺乳瓶を準備しておこうと強く心に決めました!w

スポンサーリンク

-その他ミルク関連情報

Copyright© 赤ちゃんのミルク 作り方メソッド , 2018 All Rights Reserved.