赤ちゃんミルクの作り方や、その他ミルクに関するお役立ち情報をお届け

赤ちゃんのミルク 作り方メソッド

妊娠

マタニティブラの代用におすすめ!妊婦でも使えるナイトブラ3選

投稿日:2018年5月24日 更新日:

ナイトブラをつけた女性

https://milk-baby.net

妊娠すると、お腹だけでなくバストもどんどん大きくなり、普段つけていた下着がきつくなってきます。
そのような時、大抵の妊婦さんが「新たにマタニティブラを新調しよう」と考えますよね。
そんな中、マタニティブラの代用品としてナイトブラを購入する人も少なくありません。
実は妊娠中にナイトブラを使用することで、さまざまなメリットを得ることができるのです。

そこで、今回は妊婦におすすめのナイトブラの特徴や、マタニティブラとの違いについて解説していきます。
産後もバストラインをキープしたい!と考えている方は必見です。

記事の最後では、数多くのナイトブラの中から、妊婦でも使用OKな商品を厳選してご紹介しています。
マタニティ期の胸に合ったナイトブラで、簡単バストケアを始めましょう!

妊娠したらマタニティブラは必要?

妊娠中〜産後のバストはどんどん変化する

妊娠すると、ママの身体の中では出産後に母乳を出すための準備が始まります。
そのため、妊娠後期になるにつれてバストの下半分から脇へかけて膨らみが増し、サイズアップしていくのです。
個人差がありますが、妊娠7ヶ月になる頃には1〜2カップ程度ボリュームアップします。
また、乳頭の間隔が広くなり、胸の形にも変化が現れます。

妊娠中だけでなく、赤ちゃんを産んだ後もしばらくは乳腺の活動が活発で胸が大きく張ります。
そのため、産後も下垂防止のためにしっかりとバストを支えることが大切です。
子どもが卒乳を迎えるころには、乳腺の活動が落ち着きまわりの脂肪も減少するので、バストのボリュームもサイズダウンしていきます。

普通のブラは乳腺の発達を妨げてしまう

妊娠に気づいたら、バストの変化に合わせたブラを早めに用意しましょう。

「妊娠前から使用しているブラじゃだめなの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、結論から言うとあまりおすすめできません。
なぜなら、通常のブラだとだんだんサイズアップするバストの変化に対応できず、結果として胸を押さえつけてしまい乳腺の発達を妨害する恐れがあるためです。

妊娠中は、乳腺の活動が盛んなため、妊娠する前よりもバストが敏感になっています。
そのため、押さえつけが少なくやさしく胸を支えることができるブラを着けるのが理想的です。

マタニティ期に適したブラのポイント

では一体、妊娠中に着用するブラにはどのようなものが適しているのでしょうか。
具体的には、下記のポイントを押さえている商品を選ぶことをおすすめします。

1.つけ心地が楽

胸への押さえつけや締めつけが少なく、つけ心地が楽ちんなブラがベストです。
ただ、楽なだけでサポート力が弱いとバストラインが下がってしまい、服の上から見たバストの印象も美しくありませんので注意してください。
つけ心地が良く、なおかつ胸をしっかり支えるサポート力を兼ね備えているブラを選びましょう。
その他、肌ざわりの良さやノンワイヤーかどうか、という点に注目してつけ心地を判断するのも良いですね。

2.バストを下からやさしく支えられる

サポート力の弱いブラは、バストの下垂につながります。
やさしいつけ心地に加えて、胸を下からしっかりと支えられるものが好ましいです。

サポート力については、ノンワイヤーよりもワイヤー入りタイプのほうが優れています。
つけ心地も考慮しつつ、自分に合ったタイプを選んでくださいね。

3.授乳がしやすく産後も使える

産後も使えるように、赤ちゃんへの授乳がしやすい形かどうかもチェックしましょう。
カップが簡単にずらせたりめくれるタイプだと、さっとすぐに授乳ができるので便利です。

4.サイズの調整ができる

ホックで何段階かサイズ調整ができるブラだと、妊娠中に大きくなっていくバストに対応することができます。
こうした長く使えるような工夫がされていると、途中で何枚もマタニティ用ブラを買い足さなくて済むので助かりますね。

ナイトブラをマタニティブラとして代用するのがおすすめ!

妊娠中は普段のブラからマタニティブラへ切り替える方が多いと思いますが、マタニティブラの代わりにナイトブラを着用するのもおすすめです。

ナイトブラとは?

その名前からもわかる通り、睡眠中のバストを支えることを想定して作られたブラのことです。

寝ているときのバストは、寝返りなどにより上下左右さまざまな方向に重力がかかります。
そのため、知らず知らずのうちに胸が垂れたり離れたりしてしまうことも・・・。
ナイトブラをすることで、このような背中や脇へ流れてしまうバストを本来の位置で支えることができるのです。

寝ている間に着用するだけでバストを補正してくれて、さらに育乳&美乳効果が期待できるナイトブラは、いま女性からの人気が高まっています。

妊婦にナイトブラがおすすめな理由

『クーパー靭帯』という言葉を耳にしたことはありませんか?

クーパー靭帯とは、コラーゲン成分からできた結合組織のことで、簡単に言うと私たちのバストを支える役割をしています。
バストの乳腺組織や脂肪組織を支えて胸の丸みをつくり、きれいなバストラインを保ってくれているのです。

妊娠中、乳腺の活発な活動によりだんだんと大きくなる胸と一緒に、このクーパー靭帯は伸びてしまいます。
そして、一度伸びたり切れてしまったクーパー靭帯を元に戻すことはできません。
そのため、産後バストの張りが収まると同時に、胸がしぼんで垂れてしまうことに・・・。

そこでおすすめなのがナイトブラです。

妊娠中の胸をナイトブラで支えることで、バストの下垂を予防することができます。
ちなみに、妊娠中は胸に負担をかけないためにノーブラ!といった行為はNGですよ!
バストには、日常生活でさまざまな角度に重心がかかっているので、ブラで支えてあげないとクーパー靭帯が伸びるリスクが高まってしまうためです。

その他、ナイトブラを使用することで寝ているときの胸への負担を軽減することができます。
つけ心地も良いので、ストレスなく使用できて妊娠中の敏感なバストにも最適です。

マタニティブラとの違いは?

マタニティブラは授乳のしやすさ、ナイトブラは就寝時のバストの下垂防止を目的として作られています。

授乳のしやすさを重視しているマタニティブラは、普通のワイヤーブラやナイトブラに比べるとサポート力が弱いです。
そのため、一日中マタニティブラで過ごすとなると「バストの形が崩れそう・・・」と不安が残りますよね。

その点、ナイトブラはバストの補正・バスト崩れの防止に特化したブラなので、安心して着用して過ごすことができます。
昼はつけ心地の楽なマタニティブラで過ごし、寝返りなどでバストが動きやすい就寝時はナイトブラ、というように使い分けても良いでしょう。

また、授乳期のバストについてですが、しばらくは乳腺が盛んに活動し妊娠中と同じように敏感な状態と言えます。
そたのめ、引き続きナイトブラでやさしく包み込み支えることが大切です。

ナイトブラは産後、次第にボリュームダウンしていくバストの崩れや垂れを防止する効果も期待できます。
つけているだけで美しいバストラインをキープ&バストケアができるのは、ナイトブラの最大の魅力ですね。

さらに、マタニティブラは基本的に卒乳後には使わなくなりますが、ナイトブラだったらサイズが合えば卒乳後も使える、といったメリットもあります。

ナイトブラとマタニティブラの違いまとめ

  ナイトブラ マタニティブラ
授乳のしやすさ
サポート力
つけ心地
使用期間 長く使える 卒乳するまで

マタニティ期のナイトブラの選び方

それでは一体、どのようなナイトブラが妊婦に適しているのでしょうか。

マタニティ期のナイトブラを選ぶ際に押さえておきたい項目を、6つに絞ってご紹介します。
上記で解説した『マタニティ期に適したブラのポイント』と内容がかぶる部分も多いですが、購入する際の参考にしてみてくださいね。

1.妊娠中でも使用OKかどうか

ナイトブラは、商品によっては着圧が強めで妊婦には適していないものもあります。
なので、まずは妊娠中に使用しても問題がない商品かどうかを確認しましょう。
公式ページの注意書きや、QAコンテンツ内に妊娠中の使用についての記載がある場合が多いのでチェックしてみてください。

2.肌触り

妊娠中のバストは、乳腺が活発になり妊娠前よりも敏感になっています。
なるべく肌への負担が少ない素材や通気性の良い素材が使用されている、やさしい肌触りのブラを選びましょう。

3.つけ心地

押さえつけや締めつけが少なく、身体への負担がないものがベストです。
また、伸縮性に優れているかどうか、という点もチェックしましょう。

4.サポート力

バスト崩れを防ぐために、ブラのサポート力も要チェック。
やさしくもしっかりとバストを支えてくれるブラだと理想的ですね。

5.産後の使いやすさ

産後の授乳時に使いやすい形かどうかもチェックしておくと良いでしょう。
ノンワイヤーで、カップをささっと下げて授乳できるようなデザインだと、授乳しやすいのでおすすめです。

6.バストの変化に対応できる

伸縮性のある素材を使用しているかどうか、という点もチェックポイントのひとつです。
伸縮性の高いブラは、だんだん大きくなるバストにも対応することができます。

中には、アンダーサイズを調整できる商品も販売されています。
気になったナイトブラがあれば、そのような機能がついているかどうかも確認してみると良いでしょう。

妊娠におすすめ!ナイトブラ3選

Viageビューティアップナイトブラ

つけ心地とサポート力のバランスが絶妙なナイトブラです。
ノンワイヤーな上に伸縮性が非常に優れているため、快適なつけ心地で過ごすことができます。
さらに『商品タグで背中がチクチクする』といった着用時の不快感を無くすため、従来のタグを外しアンダー部分のゴムへ刺繍する形に変更するなど、細やかな配慮がされているのも嬉しいですね。
3D補正で全方向からバストを包み支えてくれるので、サポート力も期待できます。

ふんわりルームブラ

ふんわりルームブラは、付けているだけでテンションが上がりそうな可愛いデザインが魅力。
機能性も高く、フロントについている3段ホックベルトで、妊娠中の身体の変化に合わせたサイズ調整が可能です。
また、胸に触れる部分には、コットン100%のやわらかい素材を採用しているので、妊娠中の敏感なバストにも安心して使用できます。
ノンワイヤーで圧迫感もないので、つけ心地もラクラクです。

ジニエブラエアー

created by Rinker
genie(ジニエ)
¥5,533 (2018/11/17 11:52:18時点 Amazon調べ-詳細)

快適さを追求して作られているノンワイヤータイプのナイトブラです。
中央に厚みを持たせたオリジナルパッドで、ふんわり丸みを帯びたキレイなバストラインを実現できます。
着用したままでも授乳がしやすいデザインなので、産後の授乳ブラとしても人気です。

(まとめ)ナイトブラでやさしくバストラインをキープ

今回ご紹介したように、ナイトブラをつけているだけで妊娠中・産後の敏感なバストをお手軽にケアすることができます。
「どんなものか一度試してみたい!」という方は、まずは胸の脂肪が左右に流れやすい就寝時だけ着用してみてはいかがでしょうか。
産後も美しいバストラインをキープするために、無理せず自分に合った方法でナイトブラを取り入れてみてください。

-妊娠

Copyright© 赤ちゃんのミルク 作り方メソッド , 2018 All Rights Reserved.