赤ちゃんミルクの作り方や、その他ミルクに関するお役立ち情報をお届け

赤ちゃんのミルク 作り方メソッド

ミルクの作り方の基本

【月齢別】赤ちゃんのミルク量の増やし方!混合の場合の目安も

投稿日:2016年3月23日 更新日:

こんにちわ!みーなです。
赤ちゃんのミルクの量っていつ・どのタイミングでどのくらい増やしたら良いんだろう…って悩んだことありませんか?

そんな新米ママのために赤ちゃんのミルク量の増やし方についてまとめてみました。
混合授乳の場合の量の目安についても説明しているので、「どのくらいあげたらいいんだろう…」とお悩みのママは要チェックです(‘ω’)

スポンサーリンク

どのタイミングで増やせばいい?月齢別 赤ちゃんのミルク量の目安

赤ちゃんのミルクの増やし方については、出産した病院等で指導があるかと思いますが、目安となる月齢別の摂取量があります。

初めはこの目安となる量を参考に与えてみて、その後は赤ちゃんの飲み具合を見て増やしたり減らしたりして調整していくといいかと思います^^

月齢別 赤ちゃんのミルク摂取量の目安

生後0日〜生後7日目

一日ごとに10mlずつ増やし、一日に8回程度 (1回量=日齢×10ml)

生後7日目〜1/2ヶ月

〜80mlを一日に7〜8回程度

1/2ヶ月〜1ヶ月

120mlを一日に6回程度

1ヶ月〜2ヶ月

140mlを一日に6回程度

2ヶ月〜3ヶ月

160mlを一日に6回

3ヶ月〜4ヶ月

200mlを一日に5回

4ヶ月〜5ヶ月

200mlを一日に5回

5ヶ月〜6ヶ月

200mlを一日に5回(うち1回は離乳食後)

6ヶ月〜9ヶ月

200ml〜220mlを一日に5回(うち2回は離乳食後)

9ヶ月〜12ヶ月

200ml〜220mlを一日に5回(うち3回は離乳食後)

スポンサーリンク

混合授乳の場合のミルク量は?

混合授乳の場合は、母乳も飲ませているのでミルクをあとどのくらいプラスして与えていいのか悩みますよね。混合授乳の場合、タイプによって赤ちゃんに与える量が異なるので下記を参考にしてみてください。

母乳の出が良いタイプ

まずは好きなだけ赤ちゃんに母乳を飲ませます。
授乳後、すぐぐずったりまだおっぱいを欲しがっていそうな場合には、20ml〜30ml程度ミルクを足して様子をみましょう。

母乳の出が悪いタイプ

はい、これ私です(。>д自分の場合は、まず左右10分ずつ母乳を与えてから、粉ミルクの缶に書かれている月齢別の目安量を参考にあげています。

母乳の出が良いタイプとは異なり、基本的にはミルクを与えて母乳を足すイメージです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの様子を見て調整しましょう♪

最初はベストな量がわからなくてこれで足りているのか…等といろいろ不安かもしれませんが、大丈夫です!その内なんとなく要領がつかめてきます(o・∀・)b゙
赤ちゃん一人ひとりによって、満足できるミルクの量や飲み具合いも異なります。

今回ご紹介した摂取量は、あくまで目安なので日頃の赤ちゃんの様子を見てミルクを足したり減らしたりしながらうまく調整してみてくださいね。

スポンサーリンク

-ミルクの作り方の基本

Copyright© 赤ちゃんのミルク 作り方メソッド , 2018 All Rights Reserved.