赤ちゃんミルクの作り方や、その他ミルクに関するお役立ち情報をお届け

赤ちゃんのミルク 作り方メソッド

その他ミルク関連情報

粉ミルク「すこやかM1」を使った感想!便秘になりにくいと口コミで評判だけど本当?

投稿日:2016年4月19日 更新日:

こんにちわ!みーなです。
粉ミルクって、様々な種類のものが発売されていてどこのメーカーの粉ミルクを使ったらいいのかすっごく迷いますよね。
一見するとどれも同じように見えますが、実は各粉ミルクメーカーによって力を入れているポイントやミルクの特徴が違ってきます。
ということで、今回はわたしが赤ちゃんに使っている「すこやかM1」という粉ミルクのリアルな感想を書いていきたいと思います。
粉ミルク選びに迷っているママや、すこやかM1を買おうか迷っているママの参考に少しでもなればいいなーと思います。

スポンサーリンク

わたしが粉ミルク「すこやかM1」を選んだ理由

簡単に言うと、出産した病院で使っていたからです!
出産後、退院する日まで毎日すこやかM1を赤ちゃんに飲ませていましたが、特に残したりすることもなくほぼ毎回全て飲みきってくれていました。
また、入院中に新米ママ向けにミルクの成分や作り方についての講習があったのですが、その際に指導してくださったのがすこやかM1のメーカーの方でした。
その時に、すこやかM1の成分や特徴についてお話を聞き、赤ちゃんに良さそうだな!って思ったのがきっかけです。
実際にどんなところに魅力を感じたのかについてもご説明していきますね。

母乳に近い成分でつくられている

一番魅力に感じたのが、母乳に近い成分でつくられているという点です。
ミルクだと「母乳に比べて、免疫力が赤ちゃんにつかない」というイメージがありますが、すこやかM1はその免疫成分に特にこだわっています。
リボ核酸・ヌクレオチド・シアル酸・スフィンゴミエリン・DHA・母乳オリゴ糖などの免疫成分が配合されており、粉ミルクに心配な免疫不足もしっかりカバーされています。
ちなみにすこやかM1のMは免疫のMらしいです(゚○゚)!それほど、免疫成分に自信があるということですよね。

  • すこやかM1について

  • すこやかM1の栄養成分表

余計な甘さがない

他メーカーの粉ミルクは、赤ちゃんが飲みやすいように母乳よりも甘く作られているそうです。
でも、実際の母乳はそこまで甘くない!ということは、ミルクに余計な甘さって必要無い気がしませんか?
また、甘いミルクに慣れてしまうと、母乳の飲み具合いが悪くなってしまうこともあるそうです。(混合の場合だと、困りますよね!)
その点、すこやかM1は余計な甘さは加えず母乳の味に近いということでしたので好感が持てました。

スポンサーリンク

粉ミルク「すこやかM1」を使ってみた感想

うちの子は、今のところ相変わらず残さずにグビグビすごい勢いで飲み干してくれています!笑(※現在、生後3ヶ月)
どうやら、味には満足してくれているようですね。
腹持ちは、、正直普通ですかね。これに関してはミルクメーカーによって大差はないと思います。ただ、生後間もない頃は、ミルクを飲んだらすぐに寝てしばらく起きなかったりってことが多かった気がしますね。(飲みながら寝ちゃうこともしばしば^^;笑)現在は、予定しているミルクの時間より少しだけ早くお腹が空いて泣いちゃうこともあります。

ミルクの缶自体はすりきりと一体型になっていて、付属のプラスチック製の計量スプーンを使って粉ミルクを量れるようになっています。こちらは、特に不便もなく使えています。
ただ、缶の底のほうになると粉ミルクが少しすくいずらいかも。上手く全部を取りきれず、粉ミルクを使い切ることができないのでちょっと勿体無い〜。(わたしのやり方が良くないのか!?>_お値段は、1000円代のミルクに比べるとちょっとお高めな印象。しかし、成分にこだわっている商品だし赤ちゃんも美味しそうに飲んでくれているのでお値段には納得しています!

  • すこやかM1の標準使用量表

  • すこやかM1のミルクの溶かし方

スポンサーリンク

便秘になりにくいと口コミで評判だけど本当?

ネットですこやかM1の評判を検索してみると、「赤ちゃんの便秘が改善された」「赤ちゃんのお通じが良い」などの口コミをよく目にしました。
すこやかM1には、母乳オリゴ糖という母乳にも含まれている免疫成分が入っていて、この母乳オリゴ糖は腸の中の善玉菌の栄養になり、善玉菌を増やしてくれます。この成分のお陰で赤ちゃんの腸内環境が整いお通じが良くなるんですね。
ちなみにうちの子は、すこやかM1を飲んでいるお陰か2日に1回のペースでしっかり排便してくれて便秘にならずにすんでいます。
赤ちゃんの便秘で悩んでいるママは、一度すこやかM1を試してみてはいかがでしょうか(^^)

スポンサーリンク

-その他ミルク関連情報

Copyright© 赤ちゃんのミルク 作り方メソッド , 2018 All Rights Reserved.